住宅情報のテーマパーク.gif

2015年11月12日

吹き抜けのあるお家はお好きですか?

こんばんは。
新居浜店の大西雅美です。

今日は只今施工中で吹き抜けのある現場を
2つご紹介しますね。

CIMG1214.jpg

まずひとつめ。
DSC06351.jpg

リビングが屋根の勾配と同じように緩やかに
斜めに上がっていきます。
天井には梁が1本現われました。
ゆったりとしたリビングがさらに広く感じます。

外からみると

DSC06046.jpg

平屋建てなんですよ。

LDKと3つのお部屋と水廻りを備えた
生活しやすい間取りとなっています。


続きましてふたつめのお家は
まずは外から
DSC06356.jpg

外壁工事が始まったところです。
新居浜のダイキEXから東に進むと現場があります。
堂々とした外観です。

こちらもリビングの天井が吹き抜けていますが、
外観の通り2階建ですから、2階の天井まで抜けて
いるとなりますと・・・・・

DSC06103.jpg
この通りの大迫力です。

さらにぶっちゃけますと、こちらのお家には中2階という
1階と2階の中間層が存在するんです。

DSC06101.jpg

中2階ではワークデスクを設けて
パソコンに向かったり、リビングの大画面TVを
みることもできる配置です。
お家の中の中央に位置し、高いビューポイントで
ちょっと殿様気分を味わえるポジションです。

ぜひとも、2件共に完成を楽しみにしていてください。

どちらのお家にも言えるのが、
吹き抜けの存在が空間や気分に『ゆとり』を
もたらしてくれますね。
吹き抜けがそれぞれのお部屋をつなげてくれるので
お家に一体感がうまれます。

経済的視点からいうと、お部屋として使えるところを
抜いているわけですから全体的に面積が増加してしまいます。
コストも上がってしまいます。

ランニングコストも気になるところですが、
断熱性・気密性もあがっているので、開放的に
お家全体を一定の温度にしておく方が生活
しやすいと考えます。

お家の中での事故や死亡率って想像より高いです。
ヒートショックによる死亡者数は交通事故よりもはるかに
多いのが事実です。



やりたいこと、おススメといわれること、
最近の流行など、すべてやりたい放題できるのなら
いいですが、様々な制限の中でご希望のお家に
近づけていかないといけません。
どんなことにもメリットもあればデメリットも
あります。


まずは、自分で抑制する前にわたしたちに語ってみてください。
いいアイデアがポッとでてきてご提案できるかもしれません。


ちなみに私は吹き抜けに憧れます。
我が家は玄関から階段に吹き抜けを設けています。
玄関ホールから見上げれば2階のすべてのお部屋の
ドアが見られるような間取りなんです。
階段のおりる時は周りは開放的なので、大袈裟に
言ってしまうと豪邸っぽい!?

我が家のことはどうでもいいですね。

では最後になりますが、ランキングアップへの挑戦!!
1クリックご協力お願いいたします。


住まい ブログランキングへ


















posted by コーディネーター at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新居浜・松山・今治・四国中央で新築一戸建てを希望されるならセイコー不動産にお任せください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。